法制度に関する新しいニュース

2014年6月4日に修正され、公告された「知的財産案件審理法」の一部の条文は2014年6月6日から施行されました。
法制度に関する新しいニュース
2014年6月4日に修正され、公告された「知的財産案件審理法」の一部の条文は2014年6月6日から施行されました
第4条
裁判所は必要なときに、技術審査官に対し、以下に掲げる職務の執行を命ずることができる:
一、  訴訟関係を明確にするため、事実上および法律上の事項について、専門知識に基づき、当事者に説明または質問する。

二、証人または鑑定人に直接質問する。

三、本案について裁判官に意見陳述を行う。

四、証拠保全時に証拠の調査に協力する。

五、保全手続または強制執行手続時に協力する。

第10-1条

営業秘密の侵害に係る訴訟において、当事者が営業秘密が侵害されたまたは侵害される恐れがある事実が釈明された場合、相手が否認したとき、裁判所は相手方に対し、その否認の理由を具体的に陳述するように命じなければならない。

前項において、相手が正当な理由がなく、期限内に陳述しなかったあるいは具体的に陳述しなった場合、裁判所は、状況を参酌し、当事者が釈明した内容が真実であると認定することができる。

前項において、裁判前に当事者に弁論の機会を与えなければならない。

 

第19条

知的財産事件の第一審の判決に対して、不服し、管轄の知的財産裁判所に対して上訴または抗告することができる。

 

第23条

知的財産裁判所組織法第3条第2項の前段、第4項に規定の刑事案件の起訴は、管轄の地方裁判所に対して行わなければならない。検察官が簡易判決によって刑に処すると申し立てた場合も同様である。

第31条

知的財産裁判所組織法第3条第3項、第4項に規定の行政訴訟事件は、知的財産裁判所が管轄する。

その他の行政訴訟および前項各号の訴訟と併せて起訴または訴えの追加をするとき、知的財産裁判所に対して行わなければならない。

知的財産裁判所は第1項の強制執行事務を行うため、執行処を設けて、あるいは地方裁判所の民事執行機関または行政機関に執行の代行を委託することができる。

財務者が前項の執行の代行が委託された実行名義について、異議がある場合、知的財産裁判所が裁定する。